« 岩櫻 | トップページ | 忘れていたわけじゃない... »

2006年4月26日 (水)

久しぶりの記事

何を書こうか...いろいろ書きたいことはあるが,まだ自分の中で熟成されていない.
とにかく四月は忙しかった.三河,美濃,鈴鹿そして伊吹と...さすがにちょっとお疲れか?
GWもまだスケジュールが決まりきっていない.
最初は新潟に行こうと思ってたが,四国もいいなと.ただし中二日が晴マークがあることが条件.
もちろん,テント泊だ.最後に立ち寄り湯ぐらいは浸かってきたいな.

「公開すべきでない.」と言う議論がある.

Imgr3221
岩櫻を見に行ってびっくりしたことは,登山道から「岩櫻鑑賞道」ができていることだ.岩櫻をはじめて目にして感動したことと同じぐらいにがっかりした.その道をやはり利用してしまった罪悪感が残った.あと何年見れるんだろうと....

ウェッブで検索すると,必要な情報のほとんどが得られるようになった.中途半端な「XXの山◎選」なんて本をわざわざ買う必要はサラサラない.ウェッブの場合には,求めなければ情報は得られない.ただ,無差別に垂れ流される新聞・テレビ媒体の影響力はいまだに強い.だからこそ,それらのマスメディアはその影響力を考慮して配信すべきであると思う.他方で自然環境破壊を取り上げながらも,自社の報道が引き金となって自然破壊されていては本末転倒としか言いようがない.

角川書店:大人のウォーカー名古屋版には笹◎から北○根への記事が掲載されていた.記事を読む限りでは,だれでも気軽に行けますよって...そりゃあアルプスじゃないからねぇ.でも,本当に現地取材されたのですかね?登山道はあちこちで崩落してますよ.普段の対象読者をどのように考えてるんでしょうかね.普段街をしゃらっとした格好して闊歩してる方が,大丈夫ですかね?

ネット友達が,伊吹山の山頂で「売る」ためのリーフレットに差し込む写真を貸してくれと...簡単に了解しちゃったけど,ちょっと(う~ん,かなりだな...)後悔してる.対象はバスツァーのお客さんでしょ?彼曰く「伊吹山をもっと愛してくれたら.」って...う~ん,彼らしい性善説に基づいた理論で,それなりに賛同はするんだけど,なんで北○根の写真が必要なのよ?まぁ結局押し切られちゃったけどさ.中途半端な紹介記事は誤解を招くもと.あんな中途半端な記事がもとで事故なんて起こらないで欲しい...

基本的なスタンスとして書いておくけど,近鉄から日本自動車道に譲渡された伊吹山ドライブウェイは事業会社が変わったとしても黒字にはなりえないだろうな.何しろ五ヶ月近く雪に閉ざされるんだし,道路の料金以外は寂れた売店の収入しかない.近鉄時代でも単独営業黒字にしたことなんかなかったと思う.近い将来,日本自動車道も手放すことになるだろうな.この際だから道路そのものが廃止されたほうがこれ以上の山頂の環境破壊を防止できる最善策かとも思うね.

う~ん,さすがにちょっとネガティブすぎるかな?

Imgr3252
さて,本題に戻ろう.

「公開すべきでない.」...
本論的には賛同するけどね.要は,書き方掲載の仕方,書き手の考え方次第だよな.発端はマスメディアに踊らされた大人が百名山を崇め奉ってしまったわけで,時を同じくして,デジタルカメラの普及とHP->Blogの隆盛.個人でなんでも簡単に(無責任に)発信できるようになってしまった.まぁ僕もその一人なんだろうけど.山行記スタイルで書いてたりするとどうしても文脈や前後の写真から場所が明確になってしまうね.それじゃだめだってことで,僕は今のスタイルになった.


ただ,まだやはり問題はある.山や地区の名前もこれからは伏せて,山域程度にする必要があるかなと思う.まぁ最近は,「どこの子」は僕にとってはあまり重要じゃなくなって,今は「綺麗な姿を撮ってあげたい」って気持ちだけ.

掲示板での会話にもそれなりに気を使う必要がある.嬉しさのあまりどうしても場所のことを口にしてしまう.これはある意味人間心理かもしれないが,掲示板は公開の場である.HPやBlog同様どんな人がどんなつもりでその掲示板をチェックしているのか分からないところは,場所に関する記述は慎むべきものであると考える.大の大人ならそんな難しいことではないはず.

希少種の生息地情報がとあるサイトの掲示板に上がっていたので,サイト管理者に処置をお願いしてみたら,自分のところは訪問客もいないし,小さなサイトだからと言い返された.大きなサイト小さなサイトの区分が僕には理解しがたいけど,まぁ大きいと思われるサイトの管理者は「特」に自分の記事,掲示板での内容に全責任を負わなければならないと思う.ホントは「小さな」サイトの管理者にもお願いしたいんですよ.後世にあなたが見ることができた自然を伝承するために.

長くなりましたが,これはあくまで私の私見です.だれにもこれを押し付けることはいたしません.偏屈な爺の独り言と聞き流してくださいね.

« 岩櫻 | トップページ | 忘れていたわけじゃない... »

A. 思うこと」カテゴリの記事

コメント

とっても難しい問題ですね。
私の場合も山域程度のとどめていますが、よく解析すれば何処だかわかっちゃう。
大多数の善人の中に一人でも疚しい人が混ざっておれば、そのために自生地が根絶することもありうると思うと、記事は性悪説に立つべきなんかなぁ、と最近思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117698/9771760

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの記事:

« 岩櫻 | トップページ | 忘れていたわけじゃない... »

フォト

【ぎゃらりぃ】はなのきもち

  • Imgp50653

    ここは,厳選に厳選した「これぞ,あるちゃん的写真!」ちゅうのだけ,公開するギャラリィ.
    「はなのきもち」とタイトルしてるけど,最近は,オハナ写真ないわぁ....Orz.

GPV