« TOYOTA AURIS | トップページ | 遅くなったけど »

2006年10月29日 (日)

隠れ家のような

Imgr8982小ぢんまりしたフレンチレストランで至福の一時.今日は一つの区切り.

午後五時,JR名古屋駅に相棒を出迎えて,二人して丸の内のフレンチレストランへ向かう.何年ぶりだろうな?フレンチなんて...かれこれ十数年は口にしてないはずだ.

予約時間の十五分前に店の前に着いた.ちょっと早いかと躊躇しているとソムリエが迎えて入れてくれた.予想通りの小ぢんまりして,白を基調としながらも落ち着いた雰囲気の店だ.

まずはシャンパーニュ?でシュワッと...アミューズは雲丹と秋茄子のジュレ?.う~ん,回転寿司のべちょっとした雲丹しか知らないからね....ジュレと生雲丹と秋茄子の舌触りがなんとも...シャンパーニュとの相性もグッド!

シャンパーニュのグラスが空いたと思ったら,ソムリエがブルゴーニュワインを持って来た.ソムリエが選んでくれたのは,Mothelie 2001 olivier leflaive.もちろん,あの立派なブルゴーニュワイングラスで....まずはティスティング.ワイングラスをくるくるっと回し,鼻先を突っ込むとさっそく,ブルゴーニュのやわらかくふくよかな素晴らしくフローラルな香りが....色合いはどうだろ?いい感じで熟成が進んでる証拠かうっすらオレンヂがかってるかにも....口に含むと酸味はなく,甘みと程よい重厚感が心地よい...タンニンは軽めなところは僕はちょっと物足りないけど,相棒にはこれはグッドな選択じゃ?

前菜には,牡蠣のベーコン法連草のソテー?....この秋初めての牡蠣.バターソースはベーコンの旨みが...絶品!そして,パルマ産生ハムと和歌山の柿....生ハムと果物は定番の組み合わせだけど,柿の熟し加減と生ハムの塩加減と微妙なエグミが絶妙.

そして伊代伊代,魚料理は,カサゴの香草焼き.ソムリエが僕らの前で綺麗に取り分けてくれる.ローズマリー,タイム,ニンニクの香りが食欲をそそる.スペイン産のオリーブオイル,レモン,フランス産の塩,黒胡椒を自分の好みで使って食べてくれと....なかなか粋なはからい.僕,こう言うの好きやねん.

そしてそして,メインディッシュ.さぁて何が出てくるのかとかなり期待してた.季節も季節だけにジビエ?とも考えたけど,一見さんにはなかなかちょっと難しいかな?牛ヒレのステーキ,フォアグラのポワレと根野菜添えとでも称するのか?牛ヒレの赤み加減,フォアグラのねっとり感,根野菜の歯ごたえと香り,ソースの味わい...すばらしいなぁ...凄く計算された味わい.これぞフランス料理の王道って感じ!

メインディッシュが終わって,普通ならこれでデザートなのだが,デザート前に....チーズ盛り合わせともう一杯の赤ワインを...チーズは,ブルーが二種にウォッシュ,白カビ,ハードとどのチーズも,タンニンも深みもしっかりしたボルドーに負けない個性派揃いで食後の一時の余韻を楽しませてくれる.

そして,デザート.僕はガトー・ショコラ,相棒は無花果の赤ワイン煮を味わった後,福沢諭吉を二枚テーブルチェックして,二時間半に及ぶ久しぶりの二人宴会は終演.帰路につく...これで,諭吉二枚は安いね.凄いコストパフォーマンスだと思う.フランス料理って,なんだかイタ飯に駆逐された気があったけど,こんな小粋な仏飯屋いいね.昔は訳も分からず,銘醸ワインを勧められるまま頼んでたりしたけど,今はそんな気負いもないしね.背伸びしない範囲で楽しむ分にはいいかもね.

今年のクリスマスはここにしようと,珍しく相棒もその気に...「ここは良いよ!」って思いっきり宣伝しちゃいたい気もするけど,個人的には教えたくないって気も半分ぐらい.(^^;;

« TOYOTA AURIS | トップページ | 遅くなったけど »

9. 旨かった」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117698/12467800

この記事へのトラックバック一覧です: 隠れ家のような:

« TOYOTA AURIS | トップページ | 遅くなったけど »

フォト

【ぎゃらりぃ】はなのきもち

  • Imgp50653

    ここは,厳選に厳選した「これぞ,あるちゃん的写真!」ちゅうのだけ,公開するギャラリィ.
    「はなのきもち」とタイトルしてるけど,最近は,オハナ写真ないわぁ....Orz.

GPV