« 日没間近 - 伊吹山 | トップページ | 琥珀の時間 - 伊吹山 »

2009年8月 9日 (日)

真夜中の撤収 - 伊吹山

オレンヂ色に輝いてた西の空も,次第にブルゥグレィに変わり,夜の帳が下りはじめる.ちゃちゃっとテントを設営し,マットを敷いて,シュラフに潜り込んで,焼酎片手に星空鑑賞の準備はカンペキ.天空がロイヤルブルゥに染まって,星がポツポツ出始めてきた.そして,南東の低く垂れ込めた積乱雲の中から,お月さまが顔を出して,さぁて,いよいよ長い長い夜のショーがスタート.

二人して,テントから頭だけ出して,眺めてたんだけど,やっぱ,我慢できなくなって...

Imgs6339<- 山頂から南東:1500円のドライブウェイ料金以上の夜景濃尾平野を堪能する.遠くで,雷が光ってる,花火も打ちあがってるのが見える.方角としては,木星も見えるはずなんだけど,さすがにお月さまが明るすぎて,見えねぇな.

Imgs6343-> 山頂から北西:ご来光目当てのお客さんで,山頂山小屋は結構賑わってる様子.肉眼では,きちっと確認出来なかったけど,さすがに,30秒露光すると,北斗七星がしっかり浮かび上がり,おおぐま座そのものもそれなりに見えてくる.北の山々には,雲海が覆い始めているのが写りこんでる.

まぁまぁ,一昨年のオリオン座と夜景シャンパン・ゴールドを越えたかな?っと,ひとまず満足して,再び,テントに戻って,まどろんでた....

だけど,結局この夜は,この時間がピーク.だんだん,ガスは沸き始め,風もハンパじゃなくなって,..午前二時,なんとか二人の重みで,吹き飛ばされずに済んでるアリサマになってきたんで,止むを得ず,ドライブウェイ営業再開時間に合わせて,真夜中の撤収を決断.シュラフもマットも何もかもとにかくザックに押し込み,風で煽られながらも,テントを解体し,一段,下りてみると,オイオイ,そんなに風強くねぇじゃねぇか?っとはぼやきながらも,下山.そして,午前四時過ぎ,無事自宅到着.

お疲れ様.

« 日没間近 - 伊吹山 | トップページ | 琥珀の時間 - 伊吹山 »

7. その他山域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117698/45876755

この記事へのトラックバック一覧です: 真夜中の撤収 - 伊吹山:

« 日没間近 - 伊吹山 | トップページ | 琥珀の時間 - 伊吹山 »

フォト

【ぎゃらりぃ】はなのきもち

  • Imgp50653

    ここは,厳選に厳選した「これぞ,あるちゃん的写真!」ちゅうのだけ,公開するギャラリィ.
    「はなのきもち」とタイトルしてるけど,最近は,オハナ写真ないわぁ....Orz.

GPV