« 琥珀の時間 - 伊吹山 | トップページ | ロマンティック・ナイト - 木曽駒ケ岳 »

2009年8月12日 (水)

Monthelie 1999 Potinet-Ampeau

ようやくお盆休み突入したのだが,相変わらず天気がイマイチで,自宅待機...

明日前線が南下した後,後半三日は,少し改善しそうなんで,そこにターゲットを絞る.ただ,やっぱスカッとはしてないんで,縦走はナシとして,手近な3000m級にテント張って,雲の切れ間からの星空を堪能することにしてみようか...っと,早朝から,StellaNavigator と カシミール3D で,模擬登山を繰り返してたのだが...

「どっか,メシにでも連れてけ!」っと怒られて,ご所望の ブラッスリー ポール・ボキューズ ラ・メゾン 名古屋 へ...まぁまぁかな?ちょっと塩しょっぱかったのが僕らには減点ポイントだったかな?相棒チョイスの「子羊の煮込み」は,かなり「羊臭」がね...二人とも羊は嫌いじゃないんだけど,結構きつかった.まぁまぁ,あれだけのお客さん捌くんだから,メニューもあんなもんかな?でも,ギャルソンの動きとか,サービスはなかなか良かったよ.となりのKIHACHIも同じぐらいの料金設定だったから,今度は,あっちに連れてって! >> 相棒

羊が美味くなかったからじゃないけど...

Imgs6363晩飯のメインディッシュには,再びラムチョップ.前菜は蛸のマリネ,セカンドには,ペティトマトのペペロンティーニ(ハーフ)を一気に並べてみた.ラムチョップは,軽く塩胡椒し,軽くソテーし,片面にパセリとミントのソースを塗って,軽くグリルした.こいつは,いつも焼き過ぎたり,焼き足りなかったりするけど,久しぶりにいい焼き加減に出来たな.蛸のマリネは...山葵醤油の方が美味かった...とまぁ,相変わらずのシロウト料理だな....orz.

で,今日のお伴のワインは,Monthelie 1999 Domaine Patniet Ampeau ...先週末,安酒屋の棚に飾ってあるのを見つけたのよ....1999のモンテリーがこの値段で?と半信半疑だったけど,これはすごいパフォーマンスだったわ.抜栓した瞬間から深い深い濃厚に甘いベリィの香りが立ち上って,口の中では,程よい酸味がほんの少し残ってるけど,そこはかとなく乙女の恥じらいを残してるような...あぁ,ヴィンテージって,こんなんなんだ?

ただね,飲む環境が完全じゃなかった...もう少し,冷房効かせてないと,やっぱ,赤ワインと言うより,ビールかシャンパン...それとも,キリっと冷えたシャブリだろうが?って感じになってくる....う~ん,残念!あの酒屋,もぉ一本陳列してあったから,秋のために買い占めておくか?

今日は「御巣鷹の日」だったのですね.相変わらずPL法は「ザル」だし,消費者庁なんてのも作っては見たものの明らかに「形式的」なものだし,日本国って「主権在民」を謳ってるけど,「主権法人(=短絡的には滅私奉公/国家,会社あっての人民)」が実態で,そこに問題があると想うのは僕だけか?まぁ,日本人ってそぉ言う民族なのかもね?国民一億総「蟹工船」なんだよな.(苦)

« 琥珀の時間 - 伊吹山 | トップページ | ロマンティック・ナイト - 木曽駒ケ岳 »

9. 旨かった」カテゴリの記事

A. 思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117698/45910187

この記事へのトラックバック一覧です: Monthelie 1999 Potinet-Ampeau:

« 琥珀の時間 - 伊吹山 | トップページ | ロマンティック・ナイト - 木曽駒ケ岳 »

フォト

【ぎゃらりぃ】はなのきもち

  • Imgp50653

    ここは,厳選に厳選した「これぞ,あるちゃん的写真!」ちゅうのだけ,公開するギャラリィ.
    「はなのきもち」とタイトルしてるけど,最近は,オハナ写真ないわぁ....Orz.

GPV