« 黎明に浮かぶ奥穂高岳 - 北穂高 / 術後200日 | トップページ | 茜色の奥穂高 - 北穂高岳 »

2009年10月18日 (日)

食欲の秋

さすがに,朝晩少し小寒くなって,夕べは久しぶりに赤ワイン:Bourgogne Pinot Noir 1996 Selection Nicolas Potel を自宅で開けてみた.さすがに,13年の月日の流れを感じさせる少し「褪色」したような土色を帯びた赤土色....抜栓直後はまだまだ香りが弱かったが,少し,グラスの中で回してあげると,ほのかにピノの甘い香りが立ち.口に含むと....二人して,いいね!いいね!っと言いながら,あっと言う間に二人でグビグビっと一本あけちゃいました.

今朝もまだ夜が開けきらぬうちに眼が覚めたんだけど,まだ涸沢の余韻冷め切らず,は白川郷辺りの紅葉でも見に行こうかとも思ったけど,思ってたほどスカッとしたお空になりそうでないんで,本巣に秋の味覚探しに出かけた.

で,今晩の晩飯.

Dscs0386今日の主菜は,大きさも頃合いいい「天然落ち鮎(子持ち)!」五匹も入って,千三百八十円はお買い得だよ!ガスレンジにしっかり余熱入れて,たっぷりの塩して,中火でゆっくり焼いてみた.綺麗に焼けましたねぇ!さすがに子持ちだけあって,食べ応えもじゅうぶん.おいしゅうございました.m(_ _)m

本巣の道の駅には,さすがに到着が遅くって,葉物はほとんど収穫ナシ.でもまぁ,蕪と銀杏,薩摩芋にクレソン,それから,薩摩芋の茎に,ズイキ(干した里芋の茎).銀杏は軽く炙って,「見た目」銀杏ご飯にし,蕪は即興甘酢漬けに,そして,薩摩芋の茎は,キンピラ風に...ズイキは明日の朝の味噌汁の実に...

Dscr0383秋の味覚といえば...上高地五千尺ホテルの喫茶室にて,マロンのケーキを目の前にして,生唾を飲み込むの図?

いやいや,別に「オアズケ」させたワケじゃない.このケーキの前に,夫々にケーキを一個ずつ食べたばっかりだったんだもん.ただ,やっぱ,いっくら,北穂の小屋のメシが美味いって評判であっても,下界の味とは違って,やっぱ,一個目のケーキで「タガ」が外れたのかも...それにしても,いい値段だったわ.(汗


食欲の秋ですね.

« 黎明に浮かぶ奥穂高岳 - 北穂高 / 術後200日 | トップページ | 茜色の奥穂高 - 北穂高岳 »

9. 旨かった」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117698/46519488

この記事へのトラックバック一覧です: 食欲の秋:

« 黎明に浮かぶ奥穂高岳 - 北穂高 / 術後200日 | トップページ | 茜色の奥穂高 - 北穂高岳 »

フォト

【ぎゃらりぃ】はなのきもち

  • Imgp50653

    ここは,厳選に厳選した「これぞ,あるちゃん的写真!」ちゅうのだけ,公開するギャラリィ.
    「はなのきもち」とタイトルしてるけど,最近は,オハナ写真ないわぁ....Orz.

GPV