« 秋染槍ヶ岳 - 涸沢 2011 | トップページ | 荘厳奥穂 - 涸沢 2011 >> あや&フレンド »

2011年10月16日 (日)

葛藤 - 涸沢 2011 >> 桐生様 & 変股症でお悩みの皆様

九日正午,唯一の鎖場で渋滞はあったものの,危惧していた凍結もさほどではなく,夏に悲惨な事故のあったザイテングラートも特に問題なく通過し,到着.その後,素泊まりを申告し,寝場所を確保.で,山荘前のベンチで,北穂から縦走してきた二パーティと歓談しつつこちらも粗末な昼飯兼夕飯兼宴会....そして,ほど良く酔ったところで,小屋に戻って,指定通り二人で一つの敷布団で一眠り....

で,二時間ほど爆睡して,夕映穂高秋染槍ヶ岳を撮り終え,ひとまず退却し,再び,七時過ぎ,涸沢岳に歩を進めた.

< 略 >
....ここの写真は,ただいま,現像中....撮った瞬間はかなりいい写真撮れたとカンドーして,興奮して,下山したのだが....
< / 略 >

下山してみると,真っ暗闇の中で,相棒が待っててくれた.「下りてくるヘッ電の灯りが見えてた.」って...小屋の談話室のストーブの隣で,ウィスキーとチョコレートで体を温めてると,消灯間近になって,部屋に戻った...結局,部屋に戻ったら,意外と宿泊客少なく,連休の中日だっちゅうのに,敷布団一枚に一人の快適至極だった.

そしてそして,その興奮も極重の綿布団の重みに押しつぶされて,深い眠りの淵に嵌って....

Imgp97422a葛藤.

午前四時,目覚ましも掛けていなかったが,予定通り目が覚めた.周りを見回すと,同宿の半分以上がすでに布団を畳んでた.僕も,涸沢岳のベストポジション得るべく,相棒に「明るくなってから来い!」と言い残し,三脚とカメラ道具をひったくって....

午前四時半の涸沢岳山頂は,予想以上に寒かったし,暗かった.誰も居ない孤独感が,自分を押し潰しそうになる...何のために,こんな辛く厳しい環境に身を晒すんだ?っと,久しぶりに,自問自答してしまった....弱い自分が思いっきり優性となりつつあった....のだが,この写真で,救われた.

白々来つつあったのは,ファインダー越しに実感していたのだが,南東の空が,赤紫色に変化し,八ヶ岳&富士山&南アルプスのスカイラインがはっきりしてきて,ようやく,それまでの『空虚』な「葛藤」に終止符を打つことが出来た.うぅぅぅ~っ,あの寒く,寂しく,暗い中,頑張って,堪えて来て良かった~!っと,心底思った.


そぉ,桐生さまも,人工股関節手術受けられたのですね.まだ,退院後一週間ですね.まだまだ,不安定な頃です.大切に扱ってくださいね.くれぐれも,僕の真似などなさらないように...僕は,人工股関節置換者の中でも,かなり異端児ですので...あぁ,そんなことはイマサラですね.

桐生さま&変形性股関節症で,悩み&救いを求めてネットを彷徨い,ココに行き着かれた方:

思いっきり,悩みなさい.
思いっきり,葛藤しなさい.
思いっきり,自分を見つめ直しなさい.
思いっきり,泣きなさい.
思いっきり,質問しなさい.

中途半端に,妥協しないで下さい.

酔い潰れるまで,
涙が枯れるまで,
気が遠くなるまで,
トコトン,考え抜きなさい!

誰も,貴女と同じ状況ではないんです.
結局は,自分自身のことなのです.
貴女しか,貴女の体のこと,理解できないんです.
それが,未来の貴女のためなのです.

良くなるも悪くなるも,
結局,貴女の判断の問題.

非常に厳しい言い方ですが,それが,現実です.

« 秋染槍ヶ岳 - 涸沢 2011 | トップページ | 荘厳奥穂 - 涸沢 2011 >> あや&フレンド »

0. 人工股関節」カテゴリの記事

2. 北アルプス南部」カテゴリの記事

9. 旨かった」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117698/53006931

この記事へのトラックバック一覧です: 葛藤 - 涸沢 2011 >> 桐生様 & 変股症でお悩みの皆様:

« 秋染槍ヶ岳 - 涸沢 2011 | トップページ | 荘厳奥穂 - 涸沢 2011 >> あや&フレンド »

フォト

【ぎゃらりぃ】はなのきもち

  • Imgp50653

    ここは,厳選に厳選した「これぞ,あるちゃん的写真!」ちゅうのだけ,公開するギャラリィ.
    「はなのきもち」とタイトルしてるけど,最近は,オハナ写真ないわぁ....Orz.

GPV