« 夕照穂高 - 奥穂三泊四日 | トップページ | 夏色穂高 - 奥穂三泊四日 »

2013年8月18日 (日)

朝輝奥穂 - 奥穂三泊四日

上高地~岳沢~前穂までの道程を,重太郎新道と呼ぶ.上高地からの道ではあるが,小池新道「並」に静かな歩きが出来る,イイ道....だと,「僕」的には,思う.....

上高地~岳沢小屋間は,標高差:約600mで,小屋直前の石階段,胸突八丁越える辺りが少々急登で喘ぐか?って感じか?んで,ココ:岳沢小屋~前穂間は,標高差:約900mで,ツヅラオレ,ガレ,スラブ状の岩,長鉄階段,鎖と,天候と体調次第じゃ,ケッコウ難儀余儀なくされる「らしい」.....

相棒がこのコース嫌がるのは,まぁまぁ,そう言うコトなんだが,僕的には,そぉタイシテ悪い道じゃねぇえんじゃねぇ?っと,二度上り下り経験して....んまぁ,モトモト,脚力ないから,標準時間の1.5倍見積もってるからって,ココロの余裕があるってのもけどね.




繰返しの話になるけど....

夜十時半,目が覚めた.予定時間だ!....テントの外は,真っ暗闇.虫の鳴き声と草木が静かに風なびく音のみ....シュラフの中で,一瞬怯んだが,自身を奮い起こして,シュラフを抜け出し,行動食と水1ℓ&焼酎500mℓ....アトは金の力じゃ!....,カメラ三脚機材一式,停滞着一式をサブザックに押し込んで,他の幕営者起こさないように,静かに,岳沢のテン場を出発する....午前二時前,二三度,ヘッデンでは,視野狭くって,ルート外して,戻ったりして,ロスタイムあったはずなのに,んまぁ,イイ時間に,紀美子平到着.

真っ暗闇夜の中,一服つけて,前穂山頂へ.....

Imgp60764朝輝奥穂.

さすがに,3千mである.持ってきたもの全て着込んでも,心臓にカイロ貼っても,岩陰に身を寄せても,寒い....凍えそう,このマンマ,死んでまうんか?自問自答しながら,約二時間半....いい色に染まりました.おぉ~っ,コレが,前穂高岳からの奥穂高岳全容か?っと感慨一入.

そして,これから歩く「吊尾根」の登山道もしっかり....紀美子平から下で見る分には,意外となだらかな稜線歩きっぽく見えたが,トンでもねぇ上り返しだな.ウェッブで見ると,吊尾根の表現として,幾つか,「恐怖」,「戦慄」なんて言う恐ろしい形容詞が飾られているが,マンザラでもないな....っと納得.

しかしながら,その険しさが,逆に,ココロに火つけちまった....さぁ~っ!イヨイヨ核心部行ってみるか?っと,前穂高岳を後にする.....

« 夕照穂高 - 奥穂三泊四日 | トップページ | 夏色穂高 - 奥穂三泊四日 »

2. 北アルプス南部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117698/58012227

この記事へのトラックバック一覧です: 朝輝奥穂 - 奥穂三泊四日:

« 夕照穂高 - 奥穂三泊四日 | トップページ | 夏色穂高 - 奥穂三泊四日 »

フォト

【ぎゃらりぃ】はなのきもち

  • Imgp50653

    ここは,厳選に厳選した「これぞ,あるちゃん的写真!」ちゅうのだけ,公開するギャラリィ.
    「はなのきもち」とタイトルしてるけど,最近は,オハナ写真ないわぁ....Orz.

GPV